日産・ルノー 仏ルメール経済・財務相「株比率変更望まない」

 フランスのルメール経済・財務相は27日夜、同国のテレビに出演し、日産自動車とフランスの大手ルノーとの企業連合について「株式の相互保有の比率も含め、パワーバランス(力関係)の変更を望まない」と述べた。

 ルメール氏は「現在、日産とルノーの株の相互保有は良好でバランスが取れている。株式の相互保有を変更すべきでない」と指摘した。

 またゴーン容疑者の逮捕に関して「私が納得できるのは証拠があるときだけだ。まだ証拠を示されていない」と述べた。ルノーの大株主であるフランス政府として、現時点ではゴーン容疑者をルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)の職から解く考えがないことを示唆したとみられる。(パリ 共同)