新型マツダ3 日本の美表現 「スカイアクティブX」初搭載

マツダが初公開した新型車「マツダ3」=27日、米ロサンゼルス(共同)
マツダが初公開した新型車「マツダ3」=27日、米ロサンゼルス(共同)【拡大】

 マツダは27日、米ロサンゼルスで自動車ショーに先立ち、デザインを刷新して燃費を向上させた新型の「マツダ3」を世界初公開した。2003年の発売以来、3度目の全面改良。セダンとハッチバックがあり、北米で来年初めに発売し、世界で順次販売する。

 新型は日本の美意識を表現し、力強い生命感をイメージした流線形のデザインが特徴。ディーゼルエンジンの技術を活用して燃費を従来よりも最大3割高めた新型のガソリンエンジン「スカイアクティブX」を初めて搭載する。

 マツダ3は昨年度44万2000台を販売した主力級の世界戦略車で、日本では「アクセラ」という車名で販売してきた。新型の日本名は今後発表する。山口県の防府工場で9月に生産を始めた。価格は公表していない。

 スポーツ用多目的車(SUV)の人気に押されてセダン市場が縮小する中、世界で年35万台の販売を目指す。イベントに出席した丸本明社長は「車を所有する価値を高めた新商品でブランド価値を引き上げていく」と語った。(ロサンゼルス 共同)