ロス自動車ショー 日系各社、米国販売てこ入れ SUV、HVアピール

日産自動車が公開した2019年型のセダン「マキシマ」=28日、米ロサンゼルス(共同)
日産自動車が公開した2019年型のセダン「マキシマ」=28日、米ロサンゼルス(共同)【拡大】

 国際的な自動車展示会「ロサンゼルス自動車ショー」の報道陣への車両公開が28日、米ロサンゼルスで始まった。米国で売れ行きに陰りが見える中、各社は売れ筋のスポーツ用多目的車(SUV)やハイブリッド車(HV)をアピールし、販売をてこ入れする。

 トヨタ自動車は、前面や後部のデザインを一新したHV「プリウス」と主力乗用車「カローラ」のHVを発表。プリウスは来年初め、カローラは来春に米国で発売する。

 SUBARU(スバル)は米国で年内に発売する同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)「クロストレック ハイブリッド」を披露した。

 日産自動車はセダン「マキシマ」とSUV「ムラーノ」の2019年型を公開した。

 マツダの新型「マツダ3」は3度目の全面改良で、デザインを刷新して燃費を向上させた。ホンダは北米向けの新型SUV「パスポート」を展示した。

 報道公開は29日までで、一般公開は30日~12月9日。(ロサンゼルス 共同)