スタバとLINE提携、スマホ決済を拡大

 スターバックスコーヒージャパン(東京)は5日、無料通信アプリ大手LINE(ライン)とデジタル分野で業務提携したと発表した。年内に一部の店舗で、スマートフォンを活用したLINEの電子決済システム「LINE Pay(ペイ)」端末を導入する。さらに来春をめどにスターバックスのLINE公式アカウントを開設し、新商品情報などを提供する。

 スターバックスはすでに自社のカードやスマホアプリを使ったレジでのキャッシュレス決済を導入しているが、利用者は4人に1人という状況にとどまっている。スターバックスは今回の提携を通じ、LINEペイによるキャッシュレス決済が使える店舗を増やしていく考えだ。