太陽生命、認知症と生活習慣の相関性を調査研究 滋賀大などと共同で開始

 T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は4日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)と協力し、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症に関する共同研究を開始したと発表した。太陽生命が持つ保険金支払いデータなどを活用し、認知症と疾病や生活習慣の相関性を調べる。研究期間は2021年3月までを予定している。

 データは個人を特定できないよう匿名化し提供する。太陽生命は研究結果を新たな商品やサービスの開発につなげたい考えだ。

 同社は16年、生保業界でもいち早く、認知症に特化した生命保険を発売した。