経団連、人材教育で大学と協議 実現なら初、来年1月にも開催

 経団連は4日、大学に人材教育に関する協議の場の設置を呼び掛けることを柱とする提案書を発表した。経済界が大学側と直接、人材教育の在り方について継続的に対話する場はなく、実現すれば初めての取り組みとなる。経団連は来年1月にも初の協議会開催を目指す。

 提案では、企業が求める人材像や、仕事を通じて実現できることを早い段階で学生に伝えることができれば、社会人としての基礎力を高め、就職におけるミスマッチを減らすことができると指摘。長期のインターンシップ実施など、大学入学から間もない時期にキャリア教育を実施する重要性を強調した。

 また、人工知能(AI)やビッグデータといった新たな科学技術やグローバル化に対応するため、文系と理系の枠を超えた教育の充実を求めた。文理融合を進めることで、これまでの学部の在り方などを根本から見直す必要性にも言及した。

 対話の場には、経団連からは中西宏明会長や担当副会長らが、大学側は趣旨に賛同する国公立大学や私立大学の学長らの参加を想定している。大学側の参加者は地域や規模、文系、理系などの違いを考慮し、バランスをとる意向という。