【新商品】和紙から生まれたウィッグ「さらら(SARARA)」

和紙から生まれたウィッグ「さらら(SARARA)」
和紙から生まれたウィッグ「さらら(SARARA)」【拡大】

 アートネイチャーが展開する女性向け既製品ウィッグショップ「ジュリア・オージェ」は、ウィッグのベースネット素材に和紙を原料とした糸を採用した「さらら(SARARA)」を発売した。

 天然素材ならではの優しい着け心地を特徴としている。既存製品と比べ、吸湿性、速乾性に優れ、蒸れにくく、メンテナンスもしやすいという。また、消臭効果やUVカットで頭皮を紫外線から守る効果も期待できる。

 ベースネット素材に採用された和紙糸は、和紙繊維製品製造のキュアテックス(東京都世田谷区)が開発。テープ状に裁断した和紙を糸状にする際に、乾燥させた状態でひねりをかけ強度を高めた。また、ひねりの回数や加工方法など独自の工程を経て仕上げることで、吸水・吸湿性などの天然繊維が持つ優れた特性の保持が可能となった。広報担当の廣道あづみ氏は「理想の形の実現まで構想から7年。和紙の特性を生かした“呼吸するウィッグ”が完成した。」と語る。

 価格は「さららFP(フリーパート)」が26万円(税別)、「さらら(ロングレイヤー)」は28万円(同)。カラーは3色から選べる。全国で展開する店舗「ジュリア・オージェ」で購入できる。問い合わせは0120・355722。  www.julliaolger.jp