日産、15万台リコールへ ブレーキなどで新たな不正

会見で謝罪する(手前から)日産の平田禎治常務執行役員と、本田聖二常務執行役員=7日午後、横浜市西区(桐原正道撮影)
会見で謝罪する(手前から)日産の平田禎治常務執行役員と、本田聖二常務執行役員=7日午後、横浜市西区(桐原正道撮影)【拡大】

 日産自動車は7日、新車製造の最終工程「完成検査」に関する新たな不正が見つかったと発表した。ブレーキやハンドルなど安全性に直結する部品の検査で発覚し、11車種で約15万台のリコール(回収・無償修理)を13日に国土交通省に届け出る予定だ。9月の検査不正に関する最終報告書の発表後も検査不正が続いていた形で、不正を絶てぬコーポレートガバナンス(企業統治)や品質管理体制が厳しく問われそうだ。

 リコール対象は昨年11月から今年10月25日にかけて製造した小型車「ノート」や小型トラック「アトラス」など。日産の自主点検で従業員への聞き取りを行い、追浜工場(神奈川県横須賀市)とオートワークス京都(京都府宇治市)の2工場で判明したという。

 後輪ブレーキの性能検査にもかかわらず、駐車時に使うパーキングブレーキを使ったり、速度計の検査で一定の速度を維持せずに測定したりして、合否判定が不明確になった。

 日産は不正の原因として約40年前に導入した検査設備の使い勝手が悪かったことや作業手順書に禁止事項が記載されていなかった点などをあげ、偽装する意図はなかったとしている。

 検査不正の発覚は昨年秋以降4度目。国内生産部門を担当する本田聖二常務執行役員は横浜市の本社で記者会見を開き、「一連の問題で皆さまをお騒がせしていることに対して改めて深くおわびする」と陳謝。企業統治や品質管理体制を見直し不正の再発防止に努める姿勢を強調した。

 ただ、会見に西川(さいかわ)広人社長(65)の姿はなかった。役員報酬をめぐる有価証券報告書の虚偽記載事件による前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕という異常事態に見舞われる中、信頼回復に向けた姿勢に疑問符が付いたままだ。