Panda Clubが2018 International College Students' Culture & Arts Festivalを成功裏に開催

 Panda Clubが2018 International College Students' Culture & Arts Festivalを成功裏に開催

 AsiaNet 76638(2276)

 【成都(中国)2018年12月6日新華社=共同通信JBN】
*International Youth Arts Awardsを発表

 2018年11月30日、Panda Clubによる2018 International College Students' Culture & Arts Festival(2018年国際大学生文化芸術祭)の授賞式が、成都にあるBusiness & Innovation Centre for China-Europe Cooperation(中国・欧州協力のためのビジネス・イノベーション・センター)で行われた。Chengdu Media Groupが主催しXianfeng Culture Media Co., Ltd.が後援した祭典には、世界の16カ国・地域から300人を超す大学生代表、著名デザイナー、アーティストが成都に参集し、11のInternational Youth Arts Awards(国際青年芸術賞)の誕生に立ち会った。

 今年のInternational College Students' Culture & Arts Festivalは、成都が「革新的で創造的、優雅でファッショナブル、楽観と寛容、友好と慈善」の天府文化を発展させ、世界的に有名な文化都市を構築するために懸命に努めている中で好機をとらえ、世界の若年層に「People-to-People Dialogue, Youth as First Mover, Self-Confidence and Openness, Cooperation and Sharing(人と人の対話、先駆者としての若者、自信と開放、協力と共有)」というテーマを宣伝することを目的としていると報じられた。さまざまな形の対話を通じて、成都はより強い文化的な輝きを持ち、一層魅力的になる。成都の都市文化のソフトパワーの促進と普及は、天府文化を披露する全く新しい窓を作り、対外交流を行うために成都の都市カードを形作ることを目的として、強化することができる。

 ▽3つの主要な活動は世界的な芸術人材を集結

 4日間の祭典では、Chengdu Theme Exhibition(成都主題展)、Arts Festival Review & Theme Forum(芸術祭評論会・テーマフォーラム)およびPanda Clubによる2018 International College Student's Culture & Arts Festival授賞式の3つの主要な活動が設定された。著名な油絵画家のワン・シャンハ氏、Institute of Art of Communication University of Chinaの副院長でChina Literature and Art Critics Association(CLACA、中国文芸評論家協会)理事のチャン・ジンヤオ氏、国家レベルのディレクターでChinese Film TV Artists Association(中国映画テレビ芸術協会)副会長およびDocumentary Films Academic Committee of China Television Artists Association(中国テレビ芸術家協会ドキュメンタリー映画学術委員会)副秘書長のペン・ホェイ氏、アラブ首長国連邦・王室衣装デザイナーのモナ・アル・マンスーリ氏、スロバキアの有名な映画監督・脚本家・作曲家のデュサン・ラポス氏、著名なデザイナーでビジュアル・アーティストのジウ・ロン氏ら多数の有名人がこれらの活動に招待された。

 11月27日、2018 International College Student's Culture & Arts Festival Chengdu Theme Exhibition(2018年国際大学生芸術祭成都主題展)がDaci Temple International Youth Community(大慈寺国際青年社)で開幕した。この展覧会は、国内外の大学生の傑出したアート作品や成都に焦点を当てた文学作品を集め、成都の要素と国際的で多様な芸術的作風が衝突する視覚の饗宴を披露した。それはまた、2018 International College Students' Culture & Arts Festivalの本格的な立ち上げを記念するものとなった。11月29日、この祭典のテーマフォーラムが開催された。ゲストは「Youth Cultural and Artistic Exchange and City Image Building in the New Era(新時代における若者文化、芸術交流、都市イメージの構築)」について対話と交流を行い、さまざまな視点から若者文化と芸術の将来を展望した。

 ▽芸術祭を新時代の天府文化の新たな外観を世界に披露する機会ととらえる

 早くも今年6月、Panda Clubは世界の20を超す国・地域の100以上の大学の学生に「Seeing the Future of Chengdu Here(ここで成都の未来を見る)」をテーマとする作品の提出を呼び掛け、対象は写真、マイクロフィルム、絵画、ファッションデザインの4つの主要分野に及んだ。4カ月間の募集で、世界中の1000人を超す大学生から約2000件の応募があり、専門家および一般による選考を経て最終的に11件の芸術賞が選出された。

 芸術祭の組織委員会によると、この祭典を機に成都は、ロシア、ウクライナ、ポーランド、タジキスタン、パキスタン、カンボジア、インド、バングラデシュ、セルビア、ラトビア、スーダン、南スーダン、ガーナ、韓国、英国、米国などの国・地域の有名な文化都市と若者文化交流の友好関係を築き、世界を文化でつなぎ新時代の天府文化の外観を世界に披露するために若者の文化交流と共有のためのグローバルなプラットフォーム「Worldwide Universities Network(世界大学生連盟)」を構築し、成都を世界的に有名な文化都市に作り上げる。

 ソース:Chengdu Media Group