フジ住宅、「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」の表彰式に出席 モバイルワーク化や身障者の採用、働き方改革の取組みが評価される

当社社長宮脇と古賀総務大臣政務官
当社社長宮脇と古賀総務大臣政務官【拡大】

  • テレワーク先駆者百選 総務大臣賞
  • 受賞企業の合同写真撮影
  • 古賀総務大臣政務官より表彰をうける社長宮脇

 フジ住宅株式会社(所在地:大阪府岸和田市、代表取締役社長:宮脇 宣綱、以下 当社)は、総務省が表彰する平成30年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞し、この度、表彰式にて表彰されましたので、下記の通りお知らせいたします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/172918/LL_img_172918_1.jpg
当社社長宮脇と古賀総務大臣政務官

 1. 「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」について
総務省は、平成27年度から、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表し、平成28年度からは「テレワーク先駆者百選」の中から特に優れた企業・団体を「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」として表彰されております。当社は「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」の受賞企業として、11月29日(木)に開催されました総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省主催の「働く、が変わる」テレワークイベントに出席し、総務省の「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」と、厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」の合同の表彰シンポジウムにて表彰されました。

 2. 受賞理由
審査委員の東京工業大学比嘉教授よりご講評いただいたポイントとして、内勤者以外のモバイルワーク化を進めている点、通勤不可能な遠方に在住の身障者の方を在宅勤務にて採用し、地方にいる優秀な人財の雇用を実現している点をご評価いただくとともに、総務大臣賞を受賞した企業の共通項として、「雇ってよし・働いてよし・社会によし」の三方よしを実現していることが選定の理由であると選評いただきました。
その他にも、ICTの利活用、地方の課題解決への寄与、働き方改革への総合的な取組みや、2018年テレワーク・デイズ参加実績もあること、また、情報通信業以外の業態で積極的に取り組んでいること等も評価の理由としていただいております。

 当社は引き続き、投資家の皆さまのご期待に応えるべく、企業価値の向上に努めて参る所存です。今後とも、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

 【会社概要】
会社名 : フジ住宅株式会社(東証一部上場 コード番号 8860)
代表者 : 代表取締役社長 宮脇 宣綱
資本金 : 48億7,206万円
設立 : 1974年(昭和49年)4月19日
所在地 : 〒596-8588 大阪府岸和田市土生町一丁目4番23号
事業内容: 分譲住宅事業、住宅流通事業、土地有効活用事業、
賃貸及び管理事業、注文住宅事業
URL : http://www.fuji-jutaku.co.jp/