東芝のラジカセが売れている背景に何が? 企画担当者に聞く (1/3ページ)

 「Aurex(オーレックス)」と聞いてピンと来た人は、きっと古くからのオーディオファンであろう。かつて東芝が発売していたオーディオ機器ブランドだが、一時途絶えた後、2016年3月に東芝グループのオーディオ機器会社である東芝エルイートレーディングから復活した。ブランド復活の第一弾は、ハイレゾ(ハイレゾリューション)音源の再生に対応したCDラジオ「TY-AH1000」。そして第2弾が、18年に発売された「TY-AK1/同AH1」である。(大澤裕司,ITmedia)

 いずれもハイレゾ相当の音源の再生に対応したもので、3月に発売された「TY-AK1」はカセットテープ対応のCDラジカセ、4月に発売された「TY-AH1」はBluetoothのワイヤレス再生対応CDラジオ。中でも「TY-AK1」は、カセットテープの音源をハイレゾ相当の音質に再生できることから、発売と同時に話題となり、販売をけん引。2モデル合わせて1500台という目標をクリアしそうな勢いで売れている。

「昔の思い出が詰まったカセットテープを聴きたい」という人がラジカセを購入しているという

「昔の思い出が詰まったカセットテープを聴きたい」という人がラジカセを購入しているという

 現在、多くの人がスマートフォンで音楽を聴いていると思うが、実はラジカセも一定の市場規模を維持している。市場を支えているのは主にシニア世代で、使用目的は大きく2つあるという。

 1つめは、シニア世代が大好きな演歌歌手の曲をカセットテープで聴いたり、カラオケの練習や録音に使ったりしている。そのために、マイク端子の搭載はもちろんのこと、カラオケを聴きながら自分の歌をカセットテープに録音することができるダブルカセットタイプが、東芝エルイートレーディングから発売されている。

 2つめは、主に50代が青春時代に録音したカセットテープを聴いている。過去に録音したカセットテープを大切に保管している人たちがラジカセを買い求めているのだ。カセットテープを再生できるハードウェアが減少してきていることを踏まえ、カセットテープからSDカードやUSBメモリーにダビングできるラジカセを、同社では開発している。

ハイレゾ音源の再生に対応し、カセットテープの音をハイレゾ相当の音質で再生できるCDラジカセ「Aurex TY-AK1」

ハイレゾ音源の再生に対応し、カセットテープの音をハイレゾ相当の音質で再生できるCDラジカセ「Aurex TY-AK1」

青春時代の思い出を高音質で

 東芝エルイートレーディングは、ラジカセ市場でシェアトップに位置する。この数年間でさまざまなラジカセを開発。盤石のラインアップが完成した……かに思われた。だが、18年に「TY-AK1」を世に出すなど、開発の手をさらに加速させている。

 「TY-AK1」は、「TY-AH1000」の発売をきっかけにして開発されたというが、背後で何が起きていたのか? 「TY-AK1」の商品企画を担当した事業統括部オーディオ事業部の堀越務部長は、次のように語る。

 「TY-AH1000は、ハイレゾ音源を手軽に聴きたいというニーズに応えるために開発して、よく売れました。しかしその一方で、『カセットテープの音も高音質で聴けるものはないの?』という声がありました」

「Aurex TY-AK1」の商品企画を担当した東芝エルイートレーディングの堀越務氏

「Aurex TY-AK1」の商品企画を担当した東芝エルイートレーディングの堀越務氏

 声をあげた人の多くは、青春時代にカセットテープに親しんできた50代の人たちだった。彼らにとってカセットテープは音楽を超えた存在であり、タビングや編集の手間暇、音楽を聴いていたシチュエーションとともにつくられる思い出そのものである。

 従って、ラジカセは単に音が出るだけではダメで、思い出がよみがえってくるような良い音質などでないと食指が動かない。こうして、カセットテープに思い入れがある50代以降の人たちをターゲットに、青春時代の思い出がよみがえる音質などを実現する「TY-AK1」を開発することにした。

非ハイレゾ音源をハイレゾ相当にアップコンバート