IT

製鉄所の安全、AIで確保 NEC、画像認識の精度向上

 NECは11日、人工知能(AI)と組み合わせた画像認識技術により、製鉄所の労災事故を防ぐシステムがJFEスチールの知多製造所(愛知県半田市)に導入されたと発表した。立ち入り禁止エリアに作業者が入った場合、監視カメラで検知してサイレンを鳴らしたり、搬送装置などを緊急停止させる。

 国内鉄鋼業界での導入は初という。

 NECによると、画像認識技術を用いた同様の安全システムは、多くの生産現場に活用が広がっているが、製鉄所は場所により明るさ、暗さが大きく異なる上、設置されている装置や作業者の動きも多様なことから、人物の自動検知が難しかった。そこでAIに大量の人物画像を学習させ、製鉄所構内で立ち入り禁止エリアの設定が変化しても、正しく検知・警告できる精度を確立した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus