7千億円で送配電事業買収 日立、スイス大手から

記者会見で買収の概要を説明する日立製作所の東原敏昭社長=17日午後、東京都千代田区
記者会見で買収の概要を説明する日立製作所の東原敏昭社長=17日午後、東京都千代田区【拡大】

 日立製作所は17日、スイスの重電プラント大手ABBから、電力の送配電や制御といったパワーグリッド事業を買収すると発表した。当初の買収額は約7千億円で将来的に完全子会社化する。新興国の電力網整備の需要を取り込み、海外事業の拡大を加速させる狙いだ。米ゼネラル・エレクトリック(GE)など世界の重電大手に対抗する。

 日立としては過去最大のM&A(企業の合併・買収)となる。平成20年秋のリーマン・ショック以降はグループ再編など合理化を進めてきたが、巨額買収で成長にかじを切る。

 東原敏昭社長は東京都内で記者会見し「買収額は大きいが、良い買い物だ」と強調。「日立のデジタル技術を加え、事業を拡大していく」との考えを示した。

 ABBがパワーグリッド事業を分社化して新会社を設立。日立は32年前半をめどに約7040億円で80・1%を出資し、新会社発足から4年目以降に完全子会社にする。