【インターネットWatch】AI審査で最短即日 アルトア、個人事業主にも短期・小口融資 (1/2ページ)

アルトアの岡本浩一郎社長
アルトアの岡本浩一郎社長【拡大】

  • 「アルトアオンライン融資サービス」の入力画面

 アルトア(東京都千代田区)は、事業資金の短期・小口融資をオンラインで行うサービスについて、提供対象を個人事業主にも拡大したと発表した。

 アルトアは、オリックスと弥生(東京都千代田区)が共同で設立した会社で、2017年12月から「アルトア オンライン融資サービス」を提供している。オリックスが持つ与信ノウハウと、弥生が持つ会計ビッグデータをベースにした人工知能(AI)による与信モデルを保有するのが強み。借り入れの申し込み者が会計データ(1期/12カ月以上の仕訳データ)をアップロードすることで、10分から1時間ほどでオンラインで審査が行われ、その結果に基づいて金利などが提示される仕組みとなっている。

 断念・諦め層に対応

 決算書類などの準備や金融機関の窓口に出向くといった手間がかからず、保証人や担保も不要。手続きがウェブで完結するため、最短で、申し込み即日の融資が実行可能だという。

 同サービスはこれまで、「弥生会計」「やよいの青色申告」を利用する法人を対象に提供してきたが、今回、同じく「弥生会計」「やよいの青色申告」を利用する個人事業主も対象にする。

 弥生を利用する法人1637社を対象に16年3月に行ったアンケートによると、短期資金の需要があると回答した法人が85.0%に上った。それにもかかわらず、31.7%は手続きの煩雑さなどにより金融機関からの借り入れに至っていないことが分かった。また、個人事業主5972人が対象の同じ調査では、70.0%が短期資金の需要ありと回答したものの、そのために金融機関を利用したことがあったのは16.4%にとどまり、44.2%が借り入れに至っていないとの結果が出ている。

続きを読む