IT

スマホ決済、簡便クレカ登録裏目 不正利用の報告相次ぐ (1/2ページ)

 携帯電話各社やIT大手が注力するスマートフォンの決済サービスで、思わぬ“欠点”が見つかった。100億円還元キャンペーンで盛り上がった、ソフトバンク系の「ペイペイ」で不正利用の報告が相次いだのだ。決済の元となるクレジットカード登録をしやすくして利用のハードルを下げたところがあだとなった。ペイペイは誤ったカード情報を入力するとロックされるようにするなど対策を取る方針。ただ楽天ペイなど他社のスマホ決済でも同様の被害は起きうるとみられ、セキュリティー確保と利用者利便の両立が必須となりそうだ。

 ソフトバンクとヤフーなどが出資するペイペイのスマホ決済サービスのペイペイは、4日から利用者に合計100億円を還元するキャンペーンを開始。パソコンなど高額商品も代金の2割が還元されるとあって、家電量販店などにはペイペイ利用者の列ができた。

 ただ、わずか10日間でキャンペーンが終了すると、ツイッターなどにペイペイの不正利用の被害報告が相次いだ。中には「勝手に100万円を利用された」など高額被害を訴える人もいた。

 不正利用の主な原因と考えられているのが、支払い元となるクレジットカードを、番号と有効期限、セキュリティーコードだけで登録できるという手軽さだ。番号などが不正に入手されてしまうと、不正利用も容易にできるというわけだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus