メルカリ、英国から撤退へ 期待する水準の事業を確立できず

 フリーマーケットアプリを運営するメルカリは18日、英国市場から撤退すると発表した。期待する水準の事業を確立できなかったとし、2020年6月までをめどに子会社を清算する。海外展開は米国事業の拡大に専念し、経営資源の効率化を進める。メルカリの事業拠点は日本と米国のみとなるが、欧州への再進出の機会も模索するとしている。

 撤退費用約2億円を19年6月期か20年6月期の連結決算に特別損失として計上する予定。英国子会社は15年11月に設立し、17年3月からアプリのサービスを開始していた。サービスは来年3月15日を最終日として閉鎖する。