ドコモ、「スマホ教室」好評 今年の参加者100万人突破、利用シーンに応じた講座用意


【拡大】

 NTTドコモが、スマートフォンの購入検討者や契約者向けに開いている「スマホ教室」の今年の参加者が11月末までに延べ100万人を突破した。

 スマホ教室は、全国約2400店舗の「ドコモショップ」で事前予約制で実施している。参加費は無料。1~4人での参加が多く、60歳以上が85%以上を占めるという。1月からはスマホの利用シーンに応じた約20の講座を用意し、開催回数を昨年の約10倍に増やすなどサービスの拡充に取り組んできた。

 その結果、「教室がなかったら(従来型携帯電話からの)切り替えをしなかった」「これからも講座を受けたい」など好評を博し、同社のアンケートでは約8割から「とても満足」「満足」との回答を得た。

 今後、講座を増やすなど、さらに教室のサービスを強化する方針だ。

 ドコモでは、参加者数が予想を上回っているほか、12月31日から来年1月3日までの年末年始は休業日や営業時間の変更もあるため、「予約希望者はホームページや店舗で確認してほしい」と呼びかけている。