郵政社長、限度額引き上げを歓迎 肥大化懸念に釈明

記者会見する日本郵政の長門正貢社長=27日、東京都千代田区
記者会見する日本郵政の長門正貢社長=27日、東京都千代田区【拡大】

 日本郵政の長門正貢社長は27日の記者会見で、4月に2600万円に倍増する見通しとなったゆうちょ銀行の預入限度額について「利用者利便の向上や事務負担軽減という要望を踏まえて意見をまとめていただいた。感謝したい」と歓迎した。

 政府の郵政民営化委員会は26日、ゆうちょ銀の限度額引き上げを盛り込んだ報告書を公表。一方で、今後の限度額の見直しの条件として、ゆうちょ銀の株式を3分の2未満まで売却することなどを求めていた。これについて、長門氏は「ゆうちょ銀の株価やグループの業況などを踏まえてなるべく早く(売却する)と申し上げてきた通りだ」と述べた。また、ゆうちょ銀の肥大化に銀行業界から懸念が出ていることに対しては「率先して貯金を増やしていこうという経営方針ではない」と釈明した。