白馬岩岳の風景を満喫 古民家再生の「旅籠丸八」がオープン

 白馬岩岳など山々の風景を満喫しながら回遊できるリゾート施設「旅籠丸八(はたごまるはち)」がグランドオープンした。古民家を再生・利用したといい、日本ならではの風情を楽しみながら、リラックスして過ごせそうだ。

 施設は、お客さんをもてなす際に使われるレセプション機能や、食事のできるダイニング機能を兼ね備えたクラブハウス「庄屋丸八」と、宿泊に特化した「旅籠丸八 壱(いち)・弐(に)番館」で構成される。

 「自然と伝統の融合した白馬岩岳の街並み活性化株式会社」が経営する。同社は「庄屋丸八」と「旅籠丸八 壱・弐番館」にこうした特性を持たせることで、施設全体を「街」に見立て、そこに宿泊してもらうとのコンセプトを掲げている。