屋台から賽銭までスマホ決済 福岡陣取り合戦 ITや地銀挑む (1/2ページ)

屋台が軒を連ねる博多・中洲を歩く人々(ブルームバーグ)
屋台が軒を連ねる博多・中洲を歩く人々(ブルームバーグ)【拡大】

 博多の屋台での勘定からお寺の賽銭(さいせん)まで、スマートフォンをかざすだけで支払い完了-。アジアの玄関口である福岡でスマホ決済によるキャッシュレス化推進事業が進行中で、有力IT(情報技術)企業に交じり、新たな収益源を模索する地元金融機関も未知の分野に挑んでいる。

 「よかペイ」実証実験

 福岡市が主導して昨年6月以降、公共施設や福岡空港、商店街、飲食店などで実施しているキャッシュレス実証実験。LINE、楽天、ソフトバンクグループとヤフーの合弁会社PayPayなどIT企業のほか、ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行がQRコードによるスマホ決済サービス「よかペイ」でドラッグストアでの実証実験に参加している。

 博多の夜の風物詩である屋台でも昨年8月から実証実験が始まった。事業者はIT企業4社で、市内100軒のうち22軒が参加する。LINEが中小の加盟店の手数料を3年間無料、昨年11月末まで2000円を上限に飲食代の半額を還元するなど、各社が積極的にキャンペーンを打ち出している。

 那珂川沿いに並ぶ屋台19軒の一つ「中洲十番」の田中博臣さん(45)は「QRコード決済は1割、クレジットカードを入れるとキャッシュレス決済は3割に達する」と語る。外国人観光客も多く、売り上げ増に貢献しているという。

 決済は店側が端末に金額を入力し、客のスマホとQRコードをやり取りする方法と、店に置くQRコードを客がスマホで読み込み、自ら金額を打ち込む方法がある。

 福岡市の西依正博経営支援課長は、実証実験の狙いとして、中小企業の事務の効率化、人手不足の解消、生産性の向上のほか、インバウンド需要の取り込みを挙げる。「屋台は福岡観光の目玉。ITとは縁遠い存在だったが、注文、料理、勘定を少ない人数でこなす屋台が一番キャッシュレスに合っていることをやってみて実感した」と話す。

 福岡銀が市のプロジェクトに先駆けて昨年3月からサービスを提供しているよかペイは、預金口座と直結しているのが最大の強みだ。代金は即時に利用者から引き落とされ、翌営業日に加盟店に入金される。同じグループの熊本銀行と親和銀行の分も合わせると導入店舗は約2000店に達する。相互利用が可能な横浜銀行の「はまPay」とともに全国の金融機関の先頭を走る。

乗り遅れはリスク大