提携カードの取り扱い再開

 ゆうちょ銀行は5日、自行の現金自動預払機(ATM)で提携金融機関のキャッシュカードの取り扱いを早朝から再開したと発表した。4日午前7時ごろにATMに障害が発生し、午後6時から一時停止していた。昨年末に実施したシステム更改が原因と分かり、修正したという。

 ファミリーマートなどに設置しているゆうちょ銀の小型ATMで暗証番号の入力などを間違えた際、一部の提携金融機関のカードが取り込まれてしまう不具合が起きていた。

 ゆうちょ銀によると、小型ATMは全国で約2300台設置されている。トラブルが起きた期間に提携金融機関のカードの取り扱いは約15万6千件あり、うちカードが取り込まれた事象は981件発生した。

 ゆうちょ銀は「ご迷惑をかけ、深くおわびする。再発防止と信頼回復に努める」としている。