パナソニック、バイクの電動化支援 トヨタは実験車公開

パナソニックとのコラボで誕生した、ハーレーダビッドソンの電動バイク=7日、ラスベガス(ロイター)
パナソニックとのコラボで誕生した、ハーレーダビッドソンの電動バイク=7日、ラスベガス(ロイター)【拡大】

  • 電動バイク向け通信機器について説明するパナソニック幹部(右)=7日、米ラスベガス(共同)
  • トヨタ自動車が公開した自動運転のテストに使う新型の実験車=7日、米ラスベガス(共同)

 世界最大の家電見本市「CES」が米ラスベガスで開幕するのを前に、参加各社の報道陣向け先行発表が7日(日本時間8日)、本格的に始まった。パナソニックは米二輪車メーカーのハーレーダビッドソンが北米市場に初投入する電動バイク向けに通信機器を提供すると発表。トヨタ自動車は自動運転のテストに使う新型実験車を公開した。

 パナソニックの機器が搭載されるのはハーレーの電動バイク「ライブワイヤー」。走行中に前部パネルで速度や走行距離、充電の減りなどを確認できるほか、充電拠点など周辺情報も表示。不審者が触れたり動かしたりするとスマートフォンに通知が来るほか、盗難時に衛星利用測位システム(GPS)で位置を確認できる。

 トヨタの実験車は、高級車ブランド「レクサス」がベースで、カメラや画像センサーを追加して車の両側や近距離の視野を広げた。人工知能(AI)研究を手掛ける米子会社が開発。米国でのテストに今春から投入する。完全自動運転に加え、ドライバーの運転を支援する技術も向上させる方針だ。(共同)