メーカー

新日鉄住金社長に橋本氏 4月1日発足 「日本製鉄」初代トップに

 新日鉄住金は10日、橋本英二副社長(63)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。進藤孝生社長(69)は、代表権のある会長に就く。4月1日の「日本製鉄」への社名変更に合わせて世代交代を進め、海外経験が豊富な橋本氏の下でグローバル化を加速させる。宗岡正二会長(72)の処遇は未定という。

 橋本氏は海外営業の経験が長く、現在はグローバル事業推進本部長を務めている。

 10日に東京都千代田区の本社で記者会見した橋本氏は「当社の基本方針は世界総合力ナンバーワンのほかはない」と述べ、インドなどの新興国を中心とする海外市場の開拓に意欲を示した。

 韓国最高裁が同社に賠償を命じた、いわゆる元徴用工訴訟については言及を避けた。

 新日鉄住金は粗鋼生産量で世界3位。橋本氏は日本製鉄の初代トップとなる。

【プロフィル】橋本英二氏

 はしもと・えいじ 一橋大卒。1979年新日本製鉄(現新日鉄住金)。常務執行役員などを経て2016年4月から副社長。63歳。熊本県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus