内藤証券、合併後の新社長に日の出証券の小出氏

内藤証券の社長に就任する小出富城氏
内藤証券の社長に就任する小出富城氏【拡大】

 内藤証券(大阪市)は11日、子会社の日の出証券(同)と2月12日に合併して発足する新しい内藤証券の社長に、現日の出証券の小出富城社長が就任すると発表した。代表権のある会長兼最高経営責任者(CEO)には現内藤証券の内藤誠二郎社長が就く。2社のトップを新会社の首脳に据え、円滑な船出を目指す。

 内藤証券は関西や九州で事業基盤を拡大するため、平成29年2月に大和証券グループ本社から日の出証券を買収し子会社化した。合併後は店舗の統廃合など効率化を進める。内藤証券としては、社長交代は10年6月以来約20年ぶり。

【プロフィル】小出富城氏

 こいで・とみき 佐賀大卒。昭和53年大和証券。平成17年常務、23年大和ネクスト銀行社長、25年日の出証券社長。63歳。福岡県出身。