【インターネットWatch】バッファロー、「録画番組引越しサービス」開始

 ■データ故障前に新しいHDDへ移行

 バッファローは、「録画番組引越しサービス」の提供を開始した。テレビ・レコーダー向けの外付けHDDに録りためたデータを故障前に新しいHDDへ移行する。サービス対象製品は、故障予測機能「みまもり合図 for AV」を搭載する同社の外付けHDD「HDV-SAMU3-Aシリーズ」「HD-LDS-Aシリーズ」。今後発売される「みまもり合図 for AV」搭載製品についても同サービスの対象となる。

 暗号化やコピー制御信号の付与でデータ移行が困難な日本の地上デジタル放送の録画コンテンツの移行に対応する。「みまもり合図 for AV」から通知を受けた際、ウェブ受付フォームから申し込み、製品を発送することで同サービスを利用できる。

 データ移行後の製品は、それまで使用していたテレビ・レコーダーで引き続き録画番組の再生や新規録画が可能。「ダビング10」対応の録画コンテンツはコピー可能回数を消費することなく移行できるとしている。

 サービス料金はストレージ容量によって異なる。1テラバイトが1万3000円、2テラバイトが1万4500円、3テラバイトが1万6000円、4テラバイトが1万8500円、6テラバイトが2万3000円(いずれも税別)。

 バッファローによると、1月1日に施行された改正著作権法により、HDDなど記録媒体を内蔵する機器の保守・修理などのため、同様の機能を有する機器と交換する場合において、テレビ番組録画データの一時的複製が可能になることを受け、同サービスの提供が可能になった。(インプレスウオッチ)