高精度地図の中国ユニコーン企業が欧米の自律運転産業を席巻する可能性も

 高精度地図の中国ユニコーン企業が欧米の自律運転産業を席巻する可能性も

 AsiaNet 77052 (0068)

 【ラスベガス2019年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】世界の自律運転産業は2018年、激しい競争を経験した。自律運転産業の2つのキーワードは大量生産、そして産業構造の変革だった。自律運転はCES 2019においてもホットな話題で、大手メーカーは最新・最先端のテクノロジーを展示した。その中でも中国企業は欧米の同業他社に対し、強力なテクノロジーと優位性を示した。

 自律運転を実現するには高精細の地図と自己位置評定モジュールが不可欠である。中国では、新たに設立された革新的なテクノロジー・スタートアップが高精細地図の開発で先導役となっている。CES 2019では中国のKuandeng Technologyが、その広範な技術的蓄積、強力な技術的独自性と豊富な経験により、従来の地図企業が用いていたデータ収集、測定、描写方法を変えた。同社は連続した技術の反復を通して正確で豊富な地図データの作成、高品質な検査とアップデートを実現し、高精細地図の大量生産におけるボトルネックを大きく解消した。中国の自律運転は、間もなく欧州諸国と米国を席巻するかもしれない。

 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190112/2345390-1
(写真説明: 高精度地図の中国ユニコーン企業が欧米の自律運転産業を席巻する可能性も)

 Kuandeng Technologyの主力製品はプレインストールされた高精細地図、高精度な位置推定、クラウドソーシングマップのCloud Solutionである。Kuandeng Technologyは一方で映像を中心とするサーベイ方式を採用して高精細と低コストの矛盾を解決した。これによってクラウドソーシングとリアルタイムアップデートが可能になり、自律運転分野での業界の弱点を克服した。他方で人工知能をベースにした新しい地図処理技術は従来の地図生産方式を駆逐して大規模な地図生産のボトルネックを打ち破った。

 この人工知能技術は高精細で豊富な機能を持った地図を自動的に生産できるとされている。その上、Kuandeng Technologyのサーベイユニットの数は増加しており、その網羅性は徐々により特定の複雑な道路に費やされるだろう。

 Kuandengは現在までに、中国で大規模な収集活動を行う20台の地図調査車両を保有し、2019年第1四半期までに50台の地図調査車両を持つと予想されている。

 関連リンク:http://www.kuandeng.com

 ソース:Kuandeng