学生寮の食堂で大学生考案のメニューを提供


【拡大】

 2019年1月14日

 株式会社北園会館

 学生寮の食堂で大学生考案のメニューを提供
東京家政大学内コンテスト受賞レシピ、千葉県長南町の特産品を活用

 株式会社北園会館(東京都板橋区/代表取締役 塚田陽一郎)は、東京家政大学ヒューマンライフ支援センター(東京都板橋区)と、弊社が管理・運営する北園女子学生会館にて「長南町×東京家政大学メニューコンテスト」受賞レシピを食事提供することに合意し、覚書を締結しました。
 同コンテストは、東京家政大学が千葉県長南町と締結した包括協定に基づき実施されるもので、同大学栄養学科・同短期大学部栄養科の学生により長南町の特産品を生かしたレシピが考案されています。取り組みの第1弾として、2016年の特別賞「鱈とれんこんの蒲タル丼」を2018年12月14日(金)に提供し、実際に長南町産のレンコンを食材に使用した他、館内にレシピを掲示して自炊をする学生にも役立てていただきました。
 北園女子学生会館では今後も定期的に受賞レシピを提供していく予定です。

 ■提供メニュー
 メニュー名:鱈とれんこんの蒲タル丼
 考 案 者:栄養学科4年 坂本 智佳(※学年はコンテスト当時)

 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901132149-O1-9VjK4757

 ■北園女子学生会館について
都内最大級596室の女子専用学生会館(民間学生寮)。「女子学生の『安心・安全』ひとり暮らし」をモットーに、1954(昭和29)年の創業以来60年以上、全国各地から東京へ進学する多くの女子学生にご利用いただいてまいりました。東京家政大学など約80の大学・短期大学・専門学校・予備校他に通う女子学生が生活しています(2019年1月現在)。