忘れ物の自動通知、施設で実験 森ビルとMAMORIO、運営6カ所で実施

 森ビルは、紛失防止IoT(モノのインターネット)デバイス事業を展開するMAMORIO(東京都千代田区)と共同で、忘れ物の自動通知サービスに関する実証実験を開始した。

 専用タグを財布などに取り付けるだけで、スマートフォンと連携して紛失を防止する仕組み。

 置き忘れたときはスマートフォンに、その場所と時間を知らせる。

 また、防災センターなど忘れ物が集約される場所に専用アンテナを設置することにより、忘れ物の位置情報をスマートフォンに通知。確実に見つけることができるようになる。

 六本木ヒルズ(東京都港区)や虎ノ門ヒルズ(同)など、森ビルが運営する6施設で実施。忘れ物の発見にどの程度効果があるのかなどを検証し、本格導入につなげていく。