JR、10連休で大幅増発 春の臨時列車

 JR旅客6社は18日、春(3~6月)の臨時列車運転計画を発表した。新幹線と特急、急行の増発は前年同期比10%増の1万6969本。天皇の代替わりに伴い4月から5月にかけて10連休があることが影響し、大幅増発となった。4月26日から5月6日のゴールデンウイーク(GW)の期間は、東海道・山陽・九州新幹線では15%増の1283本、北海道・東北・上越・北陸新幹線では46%増の978本を増発する。

 JR各社によると、春の期間に、定期列車を含む新幹線全体で1%増の11万8408本を運行。このうち東海道新幹線は、春としては過去最多の4万5585本となる。

 東北新幹線では、東京駅を午前6時に出発する新青森行き「はやぶさ」を16日間、新函館北斗行きまで延長。北陸新幹線は週末を中心に上野始発を新設する。

 春の期間に主要線区の定期列車を含む利用客は前年同期比1%増の5962万人になると予想している。