スバル、国内生産一時停止 影響は2万台、パワステに不具合

 SUBARU(スバル)は23日、国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を16日から停止していることを明らかにした。部品メーカーから調達しているハンドル操作の補助部品に不具合が生じる恐れが判明したため、原因の究明を優先した。操業停止による生産への影響は約2万台にのぼるとみられ、改めて品質管理体制が厳しく問われそうだ。

 スバルは、週明け28日にも操業を再開する方向で準備を進めている。不具合が生じる可能性がある部品は、ハンドル操作をアシストする電動パワーステアリング装置。機能が停止しハンドル操作が重くなる恐れがあるという。

 同装置は、群馬製作所で昨年12月下旬から今年1月16日までに生産されたスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」とSUV「XV」、小型車「インプレッサ」の3車種に搭載。今年に入って不具合の可能性が判明した。顧客への納車にも遅れが出ている。原因の詳細を調べた上で、リコール(回収・無償修理)の是非を含め対応策を詰める考えだ。

 スバルは、2017年秋以降、新車製造の最終工程である完成検査をめぐり、検査不正が相次ぎ発覚。その後、17年12月末ごろに収束したとされていた不正が18年10月まで続いていたことが明らかになった。

 一連の問題を受けて同社は、生産ラインの速度を落として確実な検査を徹底させるなど再発防止策を優先。19年の国内生産台数は、前年実績比2%減の65万台とする計画を発表していた。