【新商品】パナソニック「RULO mini MC-RSC10」

パナソニック「RULOmini(ルーロミニ)MC-RSC10」
パナソニック「RULOmini(ルーロミニ)MC-RSC10」【拡大】

 ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」の本体サイズをコンパクトにしたモデルが登場。

 独自の三角形状や高い集塵(しゅうじん)性能を備えながら、電池やモーターなどの主要部品を後部に一体配置することで、本体の面積を従来の約40%カットとコンパクト化を実現。部屋の隅や壁際をしっかり掃除するのに加えて、幅249ミリというサイズで椅子やテーブルの脚、家具の隙間までスムーズに入り込み、狭いところもしっかり掃除できるという。

 本体には、「赤外線センサー」と「超音波センサー」の2種類の障害物検知センサーを搭載し、壁や障害物を検知して部屋中の掃除ができる。また、ランダム走行中に1畳以上のスペースを検知すると「スパイラル走行」をし、渦巻き状にスペースを塗りつぶすように掃除するのでコンパクトでも効率良く行える。

 さらに、「音ひかえめモード」運転も搭載し、自動モードよりも実感音を約20%カット。集合住宅での近辺への音漏れや、在宅中の使用時などに気になる運転音を抑えて掃除できる。連続使用時間は約80分。最大稼働面積は約20畳。充電台と充電アダプター、お手入れブラシを付属。価格は7万円前後(税別)。2月25日発売。そのほか、マンションなど集合住宅に向けて床拭きロボット掃除機「Rollan(ローラン) MC-RM10」(販売中)や「ハンディ・スティック掃除機MC-SBU1F」(3月15日発売)も展開する。

 0120・878691

 panasonic.jp