魚眠らせ生きたまま全国へ鉄道輸送 日建が泉佐野に保管・配送施設

 建設用資材レンタルの日建リース工業(東京都千代田区)は12日、魚を水槽内で眠らせ、生きたままの輸送を容易にする同社の技術を活用した魚の保管・配送施設を大阪府泉佐野市に開設した。

 日建は二酸化炭素を使い、魚を睡眠状態で維持・輸送する技術を平成29年に開発。今回開設した「大阪活魚センター」ではその技術を活用し、まず泉佐野や周辺地域で採られた魚を府内や全国に配送する。12日にはマダイやヒラメ、カレイなど活魚200キロ以上が鉄道用コンテナで東京に輸送された。

 活魚は通常、専用トラックで輸送されるためコストが高く、漁獲量が少ない天然魚は扱いにくかった。日建の技術を使えば鉄道輸送も容易で、魚の種類によっては従来の半分程度のコストで輸送できるという。同社は新センター開設で「大阪産の魚が全国で認知されれば」と期待する。

 日建はさらに、泉佐野を皮切りに年内に東京、その後は福岡や名古屋、仙台、北海道でも同様のセンターを開設する計画で、各地の活魚を全国で楽しめる流通網を確立する考えだ。再来年には、天然魚の海外輸出も行う計画という。