写真・イラスト制作を楽しむユーザー向け24.1型モニターのベーシックモデルを発売

ColorEdge CS2410
ColorEdge CS2410【拡大】

  • ハードウェア・キャリブレーションに対応
  • sRGB色域を100%カバー
  • すっきりとした背面にハンドルを装備

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、クリエイティブワーク市場向けカラーマネージメントモニター「ColorEdge(カラーエッジ)」のベーシックモデルCS2410を2019年3月19日に発売します。販売は当社直販サイト「EIZOダイレクト」を中心に行い、EIZOダイレクト販売価格は49,800円(税抜)です。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/177241/LL_img_177241_1.jpg
ColorEdge CS2410

 1.概要
ColorEdge CS2410(以下、CS2410)は、CS230の後継機種で、デジタル写真やイラスト制作を楽しむユーザーをターゲットとしたsRGB色域相当の24.1型ベーシックモデルです。

 CS2410は、従来機種CS230に比べて画面サイズを23型から24.1型へと大型化し、解像度は1920×1080から1920×1200へと拡大しました。加えて、視界を妨げないスリムな筐体デザインを採用し、モニター側面にUSB 3.1ハブを3ポート搭載することで、使い勝手を向上させました。
また、滑らかな階調表現やムラを抑えた均一表示、見る角度による色変化の少ないIPSパネルなど、ColorEdgeならではの優れた表示性能を踏襲し、専用ソフトウェアによるハードウェア・キャリブレーション※1にも対応しています。

 当社は、デジタル写真やイラスト制作を楽しむユーザーが求めやすい価格帯へとラインナップを強化することで、さらに幅広い層に快適な作品づくりの環境を提供していきます。

 2019年2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催される「CP+2019」の当社ブースにて、CS2410を初めて展示します。【EIZOブース番号:G-18】

 ▼CP+特設ページはこちら
https://www.eizo.co.jp/event/pr/creativework/cp2019.html

 ※1 キャリブレーションとはモニターをキャリブレーションセンサーで測定し、目標値に沿って画面表示されるよう表示校正すること。ColorEdgeはPCの出力信号を触らずに、直接モニターの表示を調整する「ハードウェア・キャリブレーション」に対応。データそのものの階調を犠牲にすることなく、より短時間で精度の高い調整ができる。

 2.新製品の主な特長
■24.1型 1920×1200解像度の広い作業スペース
CS2410は、従来機種のフルHD(1920×1080)解像度よりも縦に大きな1920×1200解像度で、より多くの情報を表示できます。写真やイラストをレタッチする際、A3+ツールパレットを実寸で表示できるので、余分なスクロールの手間を省きます。

 ■sRGB色域を100%カバー。データに忠実な色表示を実現
PCや液晶ディスプレイで広く普及しているsRGB色域を100%カバーします。写真などデジタルデータをsRGBで保存・運用する場合や、WebサイトなどsRGB色空間を基準とする画像等の編集用モニターとして有効です。

 ■カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応
写真編集、Webコンテンツ制作などクリエイティブワークの目的に合った正確な表示ができるよう、ハードウェア・キャリブレーションを行う専用ソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応。対応する測色センサーを使って、手間なく高精度なモニター表示調整を行えます。

 ■かんたん写真プリント色合わせソフトウェア「Quick Color Match」に対応
モニター画面と写真プリントの色合わせを簡単に実現できる無償ソフトウェア「Quick Color Match」に対応しています。Quick Color Matchは、当社Webサイトから無償でダウンロードできます。

 ■個別調整で実現する、滑らかな階調表現
工場で1台ごとにRGB各色すべての階調を調整しています。理想のガンマ値になるよう、最も適した値を16-bit LUTを使って選択し、表示階調に再割り当てしています。これにより、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調を表現できます。
・日本特許第3976095号

 ■画面の隅々まで均一に表示
独自のデジタルユニフォミティ補正回路を搭載。輝度と色度が均一になるように画面全体をすべての階調で補正し、画面の隅々までムラの起こりにくい表示を保ちます。
・日本特許第4490899号、第4542988号、第5618574号、第5651419号

 ■見る角度による色変化が少ないアンチグレアIPSパネル

 ■表示のちらつきが気になりにくい調光方式を採用

 ■使いやすさを求めたスリムな筐体デザイン
従来機種から筐体デザインを一新し、下部ベゼル幅は従来比約51%のスリム化を実現。モニター前面には軽く触れるだけで操作できるフラットな静電スイッチを採用し、スムーズに操作を行えます。さらにモニター背面には、持ち運びに便利なハンドルも搭載しています。

 ■USB 3.1ハブを3ポート搭載し、周辺機器との接続性を向上
抜き差ししやすいモニター側面に、USB3.1 Gen1ハブを3ポート搭載。うち1ポートはスマートフォンやタブレット端末などのバッテリーチャージに対応しています。

 ■安心の5年間保証に加えて、購入から6か月の無輝点保証を用意
購入から5年間(ただし、使用時間30000時間以内)、修理に関する費用は無償です。日常使用への影響を極力少なくするために、保証期間の内外を問わず修理期間中は、貸出機を無償で※2お貸出しします。
また、購入製品に輝点があった場合、ご購入から6か月以内であれば無償で液晶パネル交換を行う無輝点保証も対象です。

 ■カラーマネージメント環境構築をサポートするアクセサリ
モニターの色表示を正しく確認するために、オプションで各種アクセサリを用意しています。

 |LEDスタンド Z-208PRO-5000K、Z-209PRO-6500K:標準販売価格 25,920円(税込)
モニター画面と対象物のカラーマッチングを行う場合、対象物は適した照明のもとで確認する必要があります。当社は、最終展開先に合わせて下記2種類のLEDスタンドの取扱いを2019年2月21日から開始します。(製造元:山田照明株式会社)

 「Z-208PRO-5000K」は、Z-80PRO2-EIZOの後継機種となる色温度5000Kの高演色LED照明です(平均演色評価指数※3 Ra97)。印刷物とモニター画面のカラーマッチング確認に有効です。従来よりも広範囲をムラなく照射でき、7段階調光ダイヤルで光量を自在に調節可能。
「Z-209PRO-6500K」は色温度6500Kの高演色LED照明です。Webコンテンツを制作する場合に、Webの基準となる6500K光源下での対象物の色確認に有効です。

 |マグネットタイプ遮光フード CH2400:標準販売価格 20,304円(税込)
組み立て不要、ワンタッチで着脱できるマグネットタイプの遮光フード。モニターの上部、左右の側面を囲い込み、蛍光灯の映り込みなどの外光反射を効果的に防ぎます。

 ※2 ただし、保証期間外の貸出機の送料につきましては、お客様のご負担となります。
※3 平均演色評価数とは、基準光(自然光、太陽光)での見え方を100としたときの、色の見え方の指数を表したもの。100に近いほど太陽光下での色に近く、演色性に優れる。

 EIZO、EIZOロゴ、ColorEdgeはEIZO株式会社の登録商標です。その他記載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。
ColorNavigatorはEIZO株式会社の商標です。Adobe is either a registered trademark or a trademark of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.
Copyright (C) 2019 EIZO Corporation. All rights reserved.

 【お客様からのお問合せ先】
EIZOコンタクトセンター
TEL : 0570-200-557
FAX : 076-275-4128
Webサイト: https://www.eizo.co.jp