フェリー乗船、ETCで省力化 川崎近海汽船、来月に実証実験

フェリーの車両積載口付近に設置されたETCのセンサー(手前右)=4日、青森県八戸市の八戸港
フェリーの車両積載口付近に設置されたETCのセンサー(手前右)=4日、青森県八戸市の八戸港【拡大】

 川崎近海汽船(東京都千代田区)は、同社が運航する青森県八戸市から北海道苫小牧市に向かう「シルバーフェリー」で、乗船手続きに自動料金収受システム(ETC)を活用する実証実験を3月に実施する。乗船前の窓口での手続きが大幅に簡略化され、国土交通省によると実用化できれば全国初とみられる。

 実験は八戸港(八戸市)を利用する特定のトラック業者を対象に、数週間行う。ETCのセンサーを、フェリーターミナルの入り口とフェリーの車両積載口付近に設置し、車両のナンバーなどを読み取る。運賃は事後に決済する。

 実用化の段階では、決済にもETCを活用する計画だ。利用者は、乗船申込書への記入や運賃の支払いといった手続きが不要になる。川崎近海汽船側にとっても窓口業務の省力化が見込める。ただ、ターミナルなどで乗船券の受け渡しが必要な可能性はあるという。

 国交省内航課の担当者は「素晴らしい取り組み」と評価。川崎近海汽船の嶋村嘉高フェリー部長代理は「将来的に、一般の乗用車にも対象を広げたい」と実用化に意欲を見せる。