大阪市のベンチャー、採血不要の血糖値測定器 21年度にも実用化

ライトタッチテクノロジーが開発中の血糖値測定器(同社提供)
ライトタッチテクノロジーが開発中の血糖値測定器(同社提供)【拡大】

 大阪市のベンチャー企業、ライトタッチテクノロジーが、持ち運び可能な大きさで採血の必要がない血糖値測定器の開発を進めている。赤外線を指に5秒ほど照射するだけで、針を刺さなくても測定できるのが特長。痛みを伴わないため糖尿病や低血糖症の患者の負担やストレスの軽減につながり、子供にも使いやすい。2021年度の実用化を目指している。

 厚生労働省の調査では、糖尿病が疑われる成人の数は16年に1000万人に達したと推計されており、大きな問題となっている。合併症を引き起こすリスクのある患者は1日4~5回、自分で採血して血糖値を測る必要があるが、苦痛が伴う上、感染症の危険などもある。

 新しい測定器は直径6センチ、高さ15センチのペットボトルほどの円筒形で、最先端の赤外線レーザーを使用。センサー部分に指で触れると、照射された赤外線が血中のブドウ糖に反応し、量を検出する。結果はスマートフォンなどで確認でき、患者自身でインスリンの投与量などを適切に調整することができる。

 今後、大学病院で実証実験を進める。実用化できれば世界初になるという。月1万円程度で患者にレンタルすることなどを想定しており、山川考一社長は「血圧計のように手軽に測れる装置にして健康意識を高め、生活習慣病の治療や予防に役立てたい」と話している。