レオパレス入居者に不信、広がる混乱 転居要請や家賃支払い「ありえない」

東京都中野区のレオパレス21本社
東京都中野区のレオパレス21本社【拡大】

 レオパレス21の物件に施工不良が見つかった問題で、同社は天井の耐火性能が不足している641棟の計7782人に3月末を目安に転居するよう要請している。残りの家賃の支払いや引っ越し費用の一部負担を求められた入居者もおり、「こんな違法建築に…」「ありえない」と不信感は増すばかりだ。

 1年半にわたり埼玉県和光市の物件で暮らしている会社員の中野雅之さん(27)。2月9日、見知らぬ番号からの電話に出ると、レオパレスの担当者から天井の施工不良と転居の必要性を告げられた。

 1階に住んでいて、上の階でシャワーを使う音がよく聞こえると感じていた。以前、別のレオパレスの物件で暮らしたことがあるが、今の部屋になってから、周りの物音が気になるようになった。「隣の部屋のアラームで目覚めたり、別の部屋にある携帯電話の振動音が伝わってきたり…。おかしいとは思っていた」

 何よりも腹立たしいのは、3月分の家賃を求められていることだ。「こんな違法建築にお金を払わなきゃいけないのか。ばからしい」と吐き捨てるように言った。

 「全額は負担できないと思います」。兵庫県赤穂市の物件に住む会社員の女性(29)は15日に営業所を訪れ、引っ越し代に関する担当者の発言に言葉を失った。

 通知文書には「転居に伴う引っ越し費用は弊社で負担させていただきます」とあるのに、質問を続けても、担当者は「本社に確認してみます」の一点張り。女性は「会員制交流サイト(SNS)で同じような説明を受けたという人がいた。全額負担じゃないのは、ありえへん」と憤る。

 「もし、火事になったら一気に火が回ってしまう」。中野さんと同じ不安を、この女性も抱いている。毎朝、電子レンジのコンセントを抜いてから出勤。仕事中も、差しっ放しになっていないか気になって仕方がないと言う。