京葉銀の元行員、約18年間にわたり2.5億円着服

 京葉銀行(千葉市)は22日、同行みなと本部所属の60代の男性行員が平成13年1月~30年11月、顧客から振り込まれた口座振替の事務手数料約2億5千万円を自身の口座に移し替え、着服していたと発表した。同行は男性行員を30年12月26日に懲戒解雇しており、県警に業務上横領罪で刑事告訴する方針。

 元行員が業務に精通していたため、口座の入出金に際し本来行うべき複数行員によるチェックを行っていなかったという。

 30年12月、伝票をチェックした行員が不審な点に気付き、内部調査で不正が発覚した。