2018年度「女性未来賞」「日本機械学会賞」が決定!日本・機械工学の最先端研究・技術を表彰

日本機械学会賞
日本機械学会賞【拡大】

 一般社団法人日本機械学会(会長:佐々木 直哉 日立製作所)は、「女性未来賞」及び1958年度から毎年表彰している「日本機械学会賞」を決定いたしました。
「女性未来賞」は、大学院博士後期課程在学中の本会女性会員を対象に、機械工学分野における若手女性研究者・技術者の活躍推進を図ることを目的に2017年度に新設した賞で、今回が第2回の表彰となります。
これからの日本の機械工学を担う女性技術者・研究者、並びに日本の機械工学に関する最先端の研究・技術、及びそれらを応用した製品等について、広くご紹介願います。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178306/LL_img_178306_1.jpg
日本機械学会賞

 ◆日本機械学会 女性未来賞 第2回受賞者5名◆
2019年3月8日(金)、メカジョ未来フォーラム2019(於:明治記念館)にて表彰します。(五十音順)
*メカジョ未来フォーラム2019については、 https://www.jsme.or.jp/event_project/mekajomirai2019 をご参照下さい。

 受賞者名 :内山 瑛美子(うちやま・えみこ) 東京大学
研究テーマ:運動・脳活動情報を用いた高齢者の虚弱性推定法及び
奥行知覚能力変化の推定法の開発

 受賞者名 :小川 愛実(おがわ・あみ) 慶應義塾大学
研究テーマ:小型ロボットを用いた住宅内における歩行計測システムの構築

 受賞者名 :権藤 詩織(ごんどう・しおり) 早稲田大学
研究テーマ:極細金属線の延性評価方法の確立とメゾスケール構造に基づいた
高延性に寄与するミクロ組織の解明

 受賞者名 :庄司 香織(しょうじ・かおり) 筑波大学
研究テーマ:数値解析的アプローチに基づいた大型宇宙構造システムの
熱変形補正に関する研究

 受賞者名 :宮崎 夏実(みやざき・なつみ) 京都大学
研究テーマ:多孔質セラミックスの静的・疲労強度特性の統合的評価

 ◆日本機械学会賞(技術)7件◆
2019年4月18日(木)、2018年度定時社員総会(於:明治記念館)にて表彰します。(順不同・受賞者名は別紙)

 受賞者所属:日産自動車株式会社
受賞技術 :量産型可変圧縮比エンジンの開発

 受賞者所属:トヨタ自動車株式会社
受賞技術 :アクティブ操舵制御による衝突回避支援システムの開発

 受賞者所属:株式会社ユーシン精機
受賞技術 :アクティブ振動制御装置を搭載した射出成形機用取出ロボットの開発

 受賞者所属:株式会社MUJIN
受賞技術 :完全ティーチレス/知能ロボットコントローラの開発・商品化

 受賞者所属:JFEエンジニアリング株式会社、東邦ガス株式会社
受賞技術 :微粒化技術を適用した都市ガス熱量調整設備

 受賞者所属:株式会社クボタ
受賞技術 :無人運転トラクタの開発

 受賞者所属:三菱電機株式会社
受賞技術 :高効率と低騒音を両立した換気扇用誘導モータの開発

  その他、2018年度の日本機械学会賞・優秀製品賞等の受賞一覧は別紙をご覧下さい。
https://www.atpress.ne.jp/releases/178306/att_178306_1.pdf