減塩してもおいしさはそのまま『塩味増強素材』発売 独自技術で食品の風味を損なわない減塩素材を開発

ハロウソルトの電子顕微鏡写真
ハロウソルトの電子顕微鏡写真【拡大】

 池田糖化工業株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:池田 直之)は、昨今、生活習慣病の予防で話題となっている「減塩」に寄与するべく、独自の技術により開発した、食品の風味を損なわない塩味増強素材である『ハロウソルト』の販売を開始しました。

 【食塩の役割と摂取について】
基本五味の「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」の内、「塩味」は食塩(塩化ナトリウム)によって感じるものであり、食品の味において極めて重要な役割を担っています。また、食塩はヒトの神経伝達や細胞機能の維持等にも密接に関わっており生命活動にも不可欠です。
その一方で食塩の過剰摂取は高血圧、腎臓病をはじめとする疾病の発症リスクを高める可能性があるとされています。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」によると、1日当たりの目標塩分摂取量(ナトリウムの食塩相当量)は、男性(18歳以上)が8.0g未満、女性(18歳以上)が7.0g未満と定められています。しかしながら、厚生労働省の「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」では、1日当たりの食塩摂取量が、男性(20歳以上)で10.8g、女性(20歳以上)で9.1gと報告されており、目標摂取量を上回っているのが現状です。

 【塩味増強素材「ハロウソルト」の特徴】
ハロウソルトは塩味増強素材であり、食塩の一部と置き換えて使用することで減塩効果が期待できる素材です。ハロウソルトは、食塩に配合した胡椒の辛味成分と柑橘の精油成分との相乗効果により塩味増強効果を発揮し、食品の風味を損なうことなく減塩効果を得ることができます。

 【塩味増強素材「ハロウソルト」の構造】
独自の製造技術により、ハロウソルトは中空状の構造をとっています。そのため、大粒の粉末で流動性に優れ、吸湿しにくい特徴があります。また、一般的な食塩が小さじ一杯当たり約5gであるのに対して、ハロウソルトは小さじ一杯当たり約2.5gであり、食塩重量当たりの表面積が大きく、塩味を感じやすいという特徴があります。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178334/LL_img_178334_1.jpg
ハロウソルトの電子顕微鏡写真

 【会社概要】
商号 : 池田糖化工業株式会社
代表者 : 代表取締役社長 池田 直之
所在地 : 〒720-8638 広島県福山市桜馬場町2番28号
設立 : 1935年6月1日
事業内容: カラメル、調味料、甘味料、乾燥食品、デザート食品、
その他各種食品加工、食品素材
資本金 : 4億794万円
URL : https://www.ikedatohka.co.jp/

 【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
池田糖化工業株式会社
Tel:084-957-3411