経営再建中ドイツ銀、コメルツ銀との統合交渉と報道 実現性は不透明

 経営再建中のドイツ銀行が、ドイツ大手のコメルツ銀行との経営統合交渉を進める方針を固めたことが10日までに明らかになった。欧米メディアが報じた。両行の統合を巡っては、ドイツ政府が支持するなどしていた。だが関係者の間には反対意見もあるとみられ、実現するかどうかは不透明だ。

 ドイツ銀は2015~17年の純損益が3年連続で赤字。18年12月期は4年ぶりの黒字を計上したが、収益力に課題がある。08年の金融危機に伴い公的資金を受けたコメルツ銀は、ドイツ政府から15%を超える出資を現在も受けており、経営基盤の強化が不可欠だ。

 英紙フィナンシャル・タイムズ電子版によると、これまで自力再建を優先してきたドイツ銀のゼービング最高経営責任者(CEO)がコメルツ銀との統合模索への反対を取り下げた。両行の株主からも統合に賛成する声が上がっているという。(ロンドン 共同)