金融

西京銀・藍澤証券が共同店舗 山口・下関市のモール 相乗効果を期待

 西京銀行(山口県周南市)と藍澤証券は11日、同県下関市のショッピングモール、ゆめモール下関に共同店舗を出店した。銀行と証券の同居する店舗を活用して、新たな顧客の開拓につなげる。利用者にとっては幅広い金融商品を選べるようになる。

 この日の記念式典には西京銀行の平岡英雄頭取と、藍澤証券の藍澤卓弥社長らが出席。平岡氏は「銀行の投資信託では満足できない富裕層に、証券会社の金融商品を紹介するなど、相乗効果を高めたい」と語った。藍澤氏は「西京銀行との連携をさらに進めたい」と述べた。

 両社は2015年に業務提携し、金融セミナーの共同開催や人事交流などを重ねてきた。藍澤証券は山口県内に7店舗を構えるが、下関エリアは初出店となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus