LINE、ディスプレー搭載のスマートスピーカー発売

料理中の手が離せない状態でも音声操作でレシピをみることなどができる=12日、東京都世田谷区
料理中の手が離せない状態でも音声操作でレシピをみることなどができる=12日、東京都世田谷区【拡大】

 無料通信アプリのLINE(ライン)は12日、ディスプレーを搭載したスマートスピーカー「クローバデスク」を19日に発売すると発表した。AI(人工知能)を利用した音声による応答に加えて、画面で必要な情報を瞬時に確認できるようになるなど利便性が高まった。価格は2万7540円で、公式ウェブサイトで注文を受け付ける。

 クローバデスクは音声によるニュースなどの情報提供、家電の操作など従来のスマートスピーカーのサービスはすべて利用できる。さらに、タッチ画面がついたことで、ビデオ通話、インターネットテレビ局「Abema TV」の番組やクックパットのレシピなどの表示、「ユーチューブ」の再生などを手軽に音声で操作できるようになる。

 騒音環境での呼び出し性能や反応速度も従来機種に比べてそれぞれ20%程度向上し、スマートスピーカーとしての性能自体も高めた。担当者は「顧客の声を聞き、今後はインターネット通販への対応なども検討する」と述べた。