妊産婦の健康、スマホで管理 ドコモと富士通、妊産婦向けのサービス4月から開始

 NTTドコモと富士通は12日、ドコモの母子健康手帳と富士通の医療情報の管理システムを連携させ、妊産婦向けのサービスを4月1日から開始すると発表した。スマートフォンの母子健康手帳アプリで、妊産婦が胎児のエコー画像や健診結果などを確認したり、医師からアドバイスを受けることができる。

 ドコモの母子健康手帳アプリが外部のデータ管理システムと連携するのは初めて。医師が妊産婦本人からの同意を得た上で、電子カルテから富士通のデータ管理システムに健診データやエコー画像を入力する。

 妊産婦は無料で利用できる。導入医療機関が支払う費用は年間約1000人の分娩を行う規模で初期費用が数万円、月額利用料が3万円から。5年間で600の医療機関への導入を目指す。