トヨタなど3社、米ソフト会社に出資

 デンソーと豊田通商は12日、トヨタ自動車とともに、コネクテッドカー(つながる車)のソフトウエア開発を手掛ける米ワシントン州のエアビクイティに出資したと発表した。3社の出資額はそれぞれ約500万ドル(約5億5000万円)。エアビクイティは遠隔地から無線で車のソフトウエアを更新する技術に強みを持つ。トヨタなど3社は販売店に車を持ち込まなくてもソフトウエアを更新できる仕組みの開発を加速する。自動運転車では頻繁な更新が必要になると見込まれている。