【ガバナンス経営の最前線】(4-3)取締役会は“毎月の株主総会” (4/4ページ)

インタビューに応えるヤマハの中田卓也社長
インタビューに応えるヤマハの中田卓也社長【拡大】

  • スピーチするTDKの澄田誠会長
  • スピーチする明治ホールディングスの川村和夫社長
  • 特別賞の東京都知事賞を受賞し、小池百合子東京都知事から表彰される大和ハウス工業の香曽我部武代表取締役専務執行役員(右)
  • 特別賞の経済産業大臣賞を受賞し、磯崎仁彦経済産業副大臣に表彰されるオムロンの立石文雄取締役会長(右)

 プレゼンターの東京都知事の小池百合子氏は選考理由について「(国連による人権・労働権・環境・腐敗防止に関する10原則の順守、実践要請である)グローバルコンパクトやESGに対する取り組みなどを総合的に評価した」と説明。

 登壇した香曽我部武・代表取締役専務執行役員CFOは、「世の中の役に立つからやるという創業理念に基づき、事業や社会からの期待や要請を受け止め行ってきた事業や、非財務の取り組みを評価されたことは光栄だ」とコメントした。

 ■経済産業大臣賞にオムロン

 今回から新たに加わった経済産業大臣賞。第1回の受賞企業にはオムロンが選出された。

 大臣賞審査委員長の橘・フクシマ・咲江氏(G&S グローバル・アドバイザーズ代表取締役社長)は、「本賞は、ガバナンスの根幹である社長、経営最高責任者(CEO)の選任・後継者計画について、独立した指名委員会を中心とした実効的な監督を行い、成果を挙げていると認められる企業を選定した」と述べた。

 プレゼンターを務めた経済産業副大臣の磯崎仁彦氏も「透明性の高いガバナンスの仕組みにより、企業価値の向上につなげている」と評価。

 登壇した立石文雄・取締役会長は「1996年に経営人事諮問委員会を設置して以来、ガバナンス改革にとり組んできた。今後も“人財戦略”の質を高めていきたい」とコメントした。