阪急交通社が豪華バス披露 クリスタルクルーザー菫

「クリスタルクルーザー菫」の内観。わずか18席とゆとりのある快適空間を実現した
「クリスタルクルーザー菫」の内観。わずか18席とゆとりのある快適空間を実現した【拡大】

  • 紫色の外環で窓が大きいクリスタルクルーザー菫

 阪急交通社(大阪市北区)は新型の豪華バス「クリスタルクルーザー菫(すみれ)」を2台製造し、この4月から運行を始める。東京都内で18日、会見を開き、報道陣に車両を公開した。菫のネーミングは宝塚歌劇団に由来している。シートの横幅は51センチ、座席の前後の間隔は122センチ、リクライニング角度は最大129度ある。通常の観光バスが全45席程度なのに対し、18席のゆとりある空間を実現した。デザインは工業デザイナーの奥山清行氏が担当した。同社の松田誠司社長は「お客さまのニーズが多様化し、高級感、豪華なもの、ゆとりのあるものへのニーズが高まっている。菫は、ハード面だけでなく、おもてなしの面でもこだわった」と話した。

 目玉コースの東日本、西日本一周の旅は12日間でそれぞれ98万円。