IT

フィンテックのココペリ、ITで経営支援 提携先を全国9金融機関に拡大

 フィンテックベンチャーのココペリ(東京都千代田区)は、昨年に始めたIT(情報技術)を活用した経営支援サービス「Big Advance(ビッグアドバンス)」の提携先を全国の9金融機関に拡大する。中小企業の販路開拓や事業承継といった中小企業の経営課題の解決を後押しする。

 同社は横浜信用金庫(横浜市中区)と、地域企業を全面的に支援するサービスを開発し、昨年4月に提供を開始。今年1月には静岡県中部が地盤の静清信用金庫(静岡市葵区)がこのサービスを導入した。

 今回はさらに、西武(東京都中野区)、大地みらい(北海道根室市)、千葉(千葉市中央区)、碧海(愛知県安城市)、三島(静岡県三島市)の5信用金庫と、大光(新潟県長岡市)、長野(長野県松本市)の2銀行が加わった。

 提携先の拡充により、中小企業の販路拡大や原材料の調達、人材確保、さらには事業承継の譲渡や譲受案件において、営業区域の枠を超えた広域的なマッチング(出会い)が可能になる。

 ココペリの近藤繁社長はビッグアドバンスについて、「さらに海外の金融機関にも広げて、地域の中小企業と世界がつながるプラットフォームに育てていきたい」と語った。また、西武信金の高橋一朗常務理事法人推進部長は「このサービスの活用で、地元中小企業からのさまざまな相談案件をもとに全国のみなさんと橋渡しができる」と期待を寄せた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus