ルノー、日産と合併協議再開目指す FCAなどの買収も模索

 フランスの自動車大手、ルノーは日産自動車との合併協議を12カ月以内に再開することを目指す。さらに、より巨大な自動車グループを築くため、欧米大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)などの買収を模索する。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が27日報じた。

 ルノーのジャンドミニク・スナール会長をトップとする新たな「アライアンスオペレーティングボード」が発足したことで、ルノー・日産が合併に向けて進展できるとの自信が深まったと、両社の計画について知る複数の関係者の話を基にFT紙が報じた。

 また、ルノー・日産・三菱自動車の3社連合は早ければ2019年終盤に、新戦略を発表する方針で、22年までに販売台数を1400万台とする目標は撤回される見通しだと、FT紙がアライアンスの幹部1人を引用して伝えた。

 22年までに経費を合わせて100億ユーロ(約1兆2450億円)節減するシナジー目標は棚上げされるという。両社の取締役会の再編は計画に含まれている。

 ルノーと日産の担当者にコメントを要請したが、現時点で返答はない。(ブルームバーグ Reed Stevenson)