現場の風

日立システムズ 製造現場の“整理整頓サービス”好評 (1/2ページ)

 □日立システムズ ビジネスサービス統括本部プロジェクト推進部担当部長・遠藤尚さん(56)

 --製造業向けに提供している工場の修繕用部品や予備品を整理整頓するサービスが好調だ

 「一昨年7月に本格サービスを開始して以来、受注が好調で現在までに64社、約120工場に導入した。自動車や機械にとどまらず、鉄鋼、化学、食品など多様な製造業から引き合いをいただいている。これまで取引がなかった企業も半分程度含まれ、反響の大きさに驚いている」

 --どんなサービスなのか

 「顧客に代わって生産設備が故障した際に使う修繕用部品や予備品、治工具の棚卸しや台帳整備を行い、管理場所や在庫状況を『見える化』するサービスだ。われわれは業務システムの構築や運用などのITサービスが本業だが、顧客がIT化以前のデータやモノを整理整頓して見える化させる部分に困っていることに着目した。製造現場は現在、IoT(モノのインターネット)化の大波が押し寄せており、このデジタル化を支援するサービスとして受け入れられている」

 --顧客の反応は

 「IT化以前のサービスを手掛けることで、顧客との信頼関係が深まり、製造現場の課題ついてさまざまな相談を受けるケースがどんどん増えている。整理整頓サービスがキッカケとなって、本業のITサービスの受注につながるなど好循環が生まれ始めている」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus