三菱地所が国内最長の50年社債発行

 三菱地所が償還期間50年の社債を発行することが4日、分かった。国内で発行する社債としては最長で、約100億円を調達する。日本銀行の大規模な金融緩和で市場の金利が低下しているほか、世界的に金利が低い中で、安定的な利回りが期待できる社債に対する投資家の関心は高い。同社はコストを抑えながら、資金調達を多様化できると判断した。

 野村証券が主幹事で、投資家の状況を見極め、4月中旬にも金利などの条件を決定する。金利は1%台前半になると想定している。

 日本国債の償還期限は最長40年。これまで国内の民間企業ではJR西日本などが40年債を発行しているが、こうした償還期間の長い社債の発行事例は限られている。

 三菱地所は平成28年6月に150億円(年利0・789%)、29年12月に150億円(同1・402%)、30年3月に100億円(同1・313%)の40年債を発行しており、償還期間の長い社債発行の実績もある。さらに、東京都心部に高い収益力を持つ物件やエリアを保有し強い収益基盤を持つため、50年社債についても、投資家からニーズがあるとみている。